広島電鉄舟入電停から徒歩1分|よしたか歯科医院|土も診療

 診療時間
  9:00~13:00
14:30~19:00
 

よしたか歯科医院の診療内容

 

診療科目

歯科・小児歯科

診療について

歯科衛生士から患者様へのメッセージ

私たちは患者さんが一生お口から食事ができ、笑顔と健康でいるために、どうすれば良いかということを常に考えています。プロフェッショナルとして、お口の中を清潔に保つ方法をお伝えし、定期的に専門的な装置を使用した処置を行います。また、患者さん一人一人に安心して治療を受けて頂けるように、しっかりと寄り添うことも大切にして、治療に対する希望や不安はもちろんのこと、治療の具体的な内容説明も丁寧にすることを心がけています。小さなお子様のむし歯予防、フッ素塗布、食育について説明し、全身の健康につながるサポートにも力を入れています。「歯医者さんはこわいところ」ではなく「歯医者さんは楽しいところ」を感じてもらうため、患者さんとそのご家族の不安を取り除くことに努めています。

お子様からご高齢の方まで、お口の中の健康を守っていくために安心してメインテナンスに通えるような歯科医院にすることが、私たち衛生士の重要な役割であると考えていますので、何でもお気軽にご相談してください。

 

妊婦、乳幼児について

出産前には口の中の衛生状態を良くしておくことが勧められています。出産後も含めて安定した生活ができるようにサポートさせていただきます。また赤ちゃんは生後半年ぐらいすると下の前歯が生えてきます。心配なことがあれば、気軽に相談してください。乳歯の前歯が生えそろった1歳頃からがフッ素塗布によるむし歯予防を始める時期です。フッ素製剤にはグレープ、ストロベリー、ノンフレーバーなどお好みのものを選ぶことが可能です。ていねいな歯みがきと定期的なフッ素塗布を継続することでむし歯を予防しましょう。また、軽度のむし歯には進行を抑制する薬の塗布を行います。治療が必要な場合には、順序だてた説明をして、できるだけ良い環境で治療を進めるようにします。状況に応じて、気持ちを和らげ安心する笑気麻酔の応用も相談させていただきます。

 

学童期について

乳幼児期から引き続いて、むし歯の予防と治療を継続します。一般的にむし歯は少なくなる傾向がありますが、保護者が気をつけていても発症する場合があります。歯みがきやフッ素塗布だけでなく、お口の環境に影響する口呼吸に気づいていただき、できるだけ鼻呼吸を促進することを説明します。また、歯肉炎は低年齢化し、増える傾向を認めます。歯肉炎を予防する歯みがきやそのための生活習慣を話し合いましょう。不正咬合については、小児から成長期にかけての矯正歯科治療として急速拡大装置を応用し、上顎と下顎のバランスを安定させることでの不正咬合の改善を行います。鼻呼吸ができるようにして、健全なかみ合わせが安定するような取り組みをしています。

 

成長期・思春期について

自我が芽生え、ホルモンの影響も受けるため、歯肉炎が起きやすい時期です。学校での健診も少なくなり、ご家庭での指導もなかなか行いにくい状況と思います。世代の近い歯科衛生士が適切な指導を行い、歯石除去と歯磨き指導を行います。学童期にむし歯にならなかった場合でも一番奥にある第二大臼歯が出てきます。歯ブラシが当たりにくいために、むし歯になってしまうことがあります。また、小さい溝の部分から歯の中でむし歯が拡がっていることがあります。これは歯の質が良ければ良いほど分かりにくい状況です。このような状態をできるだけ早く確認し的確な対応をするために、学童期と同じように定期的な健診の継続をお勧めし、引き続きむし歯の予防、歯肉炎の予防を行っています。成長期、思春期は自立して健康的な生活を送るためにとても大切な時期です。

 

成人期について

むし歯の減少とともに治療経験の少ない大人の方も増えています。小児の治療と同じように治療前に処置説明をさせていただきます。

歯周病予防のためには、定期的な受診と歯石除去の継続が必要です。また、知覚過敏や顎関節症が気になる方も多いです。これには、自分では気づかない歯ぎしり・嚙みしめ・くいしばりが影響しています。このことに気がつくようにして、知覚過敏や顎関節症への対応を説明させていただきます。状況によってはスプリントと呼ばれるマウスピースの装着も非常に有効です。装着した冠が外れやすい方にも歯ぎしりが大きく影響しています。残念ながら失われてしまった歯の機能と形態の回復には、ご自身に適した歯の部分を補う処置「補綴(ほてつ)治療」を提案させていただきます。また、審美的な問題を気にされる方のご相談もさせていただきます。審美は個性と考えますが、ゴールドスタンダードに無理に合わせるのではなく、患者さんの身体と生活状況に適合し、出来るだけ予後が安定し、健康につながる審美を提案させて頂きます。

 

高齢期について

全身の健康のためにも継続してお口の衛生状態を保つことが大切です。歯科衛生士がいっしょになってむし歯と歯周病の予防のお手伝いをします。また、残念ながら失われてしまった歯に対する処置についてご相談させていただきます。1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会は「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という8020運動を推進しています。この達成者は増加傾向にありますが、多くの歯が残っていても十分に機能できていなかったり、歯ぎしり、くいしばりに気が付かずに壊してしまう方も多い傾向にあります。また残りの歯が少なくても、無歯顎でも何かの気づきでその後の健康の程度や生活の質(QOL)が大きく変わってきます。自立した生活を改善するためのお手伝いをさせて頂きます。

 

C.JPG